税金のはなし

住宅ローン減税の概要

投稿日:2015年7月15日 更新日:

住宅ローン減税(住宅ローン控除と同意)は、年末時点での住宅ローン借入残高の1%を上限に、最大10年間毎年の所得税が控除または還付されるというものです。

控除額は一般住宅で年間40万円、10年間で最大400万円。都道府県から認定を受けた長期優良住宅や低炭素住宅では年間50万円、10年間で最大500万円となります。借入金額や収入が多い(所得税が高い)人ほど恩恵を多く受けます。

イメージとしては、『国が金利の1%を10年間だけ負担してくれる』と考えると理解しやすいでしょう。

2019年10月〜2020年末の間に契約し引き渡された住宅の場合は、13年間住宅ローン控除が適用されます。(注文住宅は2019年4月契約分から)

住宅ローン減税(住宅ローン控除)を受けられる要件

  • 合計年収が3,000万円以下である事
  • 床面積が50平方メートル以上である事
  • 住宅ローンの返済期間が10年以上である事
  • 配偶者や、親族から購入した住宅でない事

という条件を満たしている必要があります。

なお、比較的年収が低く所得税から引ききれない場に合には、代わりに翌年の住民税から最大で13万6,500円差引かれる事になります。さらに残ってしまった減税枠を埋める『すまい給付金』という制度もあります。

すまい給付金を申請して負担軽減

申請には難しそうなイメージを持つ人も多いかと思いますが、基本的には『源泉徴収票』や『登記事項証明書』の内容を書き写すだけなので、住宅を購入した際には必ず手続きを行うようにしましょう。

いつ減税の申請をすればいいの?

会社員の還付申告は年初から受付け開始で、自分で確定申告をするのは最初の1年だけです。

2年目からは会社が年末調整で計算をし還付してくれます。

自営業の人が減税を受ける為の確定申告は、住宅を購入した翌年の2月16日〜3月15日までに移住地を担当する税務署に提出し、申請後の2〜3ヶ月後には指定した口座に還付金が振り込まれます。(自営業の人は通常の確定申告の中で住宅ローン控除を10年間で申請します)

実際どれくらいトクできるか

まずは住宅ローン減税により、自分がどの程度控除を受けられるかを確認してみましょう。
ごく一般的な条件で、所得税と住民税の10年間の控除額を試算したたものが以下のマトリクス表になります。

年収住宅ローン借入額
-2000万円3000万円4000万円5000万円
400万円160万円162万円162万円162万円
500万円173万円240万円243万円243万円
600万円173万円260万円308万円309万円
700万円173万円260万円346万円385万円
800万円173万円260万円346万円396万円
900万円173万円260万円346万円396万円
1000万円173万円260万円346万円396万円

例えば、年収400万円で、住宅ローンの借入額が2,000万円の場合は10年間の控除額は、およそ160万円となります。
基本的には、高収入で住宅ローンの借入額が多い人ほど控除額も大きくなります。

10年間の控除額が最大の400万円となるのは、目安として年収800万円以上で、住宅ローンの借入額が5,000万円以上の場合と少々ハードルが高いです。
年収400万円〜700万円で、借入額200〜300万円前後のという一般的なケースの場合での控除額は10年間で160〜350万円程度となります。

認定住宅は100万円増
さらに長期優良住宅や、低炭素住宅の場合は控除額が100万円プラスされます。
認定住宅の減税額について

 一般住宅認定住宅
最大控除額
400万円(年間40万円)500万円(年間50万円)
住民税からの控除上限13万6500円13万6500円
控除期間10年間10年間

申請に必要な書類

住宅ローン減税の申請には以下の書類が必要になります。

①住民票の写し
居住開始時期を確認するためのものです。時期により合計控除額に差があります。
もらえる場所:市区町村の役場

②借入金の年末残高証明書
借入金の年末残高を確認するためのものです。契約時に年一回金融機関から送付されるように手続きしている場合が多いです。
もらえる場所:借入先の金融機関

③登記事項証明書
住宅の取得年月日や床面積が50平方メートル以上である事を確認するためのものです。
もらえる場所:法務局出張所

④売買契約書の写し
家屋、土地についての売買代金を確認するためのものです。注文住宅の場合は請負契約書の写しも必要になります。
もらえる場所:不動産会社など

⑤源泉徴収票
所得税額や社会保険料を確認するためのものです。
もらえる場所:勤務先

⑥確定申告書A と 計算明細書
確定申告書A 第一表、第二表 ・(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書。
(確定申告書はBではなくAなので注意が必要)
もらえる場所:税務書、国税局HP

国税庁HP
https://www.nta.go.jp/

計算明細書 一面
住宅ローン減税 確定申告書の書き方

確定申告には以下3点の書類への記入が必要になりますが、書類を揃えたら下記の順番で記入をしていった方が楽です。 ①計算明細書 ②確定申告書(第二表) ③確定申告書(第一表) 申請書は国税庁のHPからダウ ...

続きを見る

おすすめ記事

家族と家のイラスト 1

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 住宅ローンの金利状況やトレンドは絶えず動いています。 2018年の住宅ローン金に大きな変化はありませんでしたが、小幅の上下はありました。 2019 ...

金利タイプ別おすすめ住宅ローン5選 2

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

住宅ローン取扱高ランキング 3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事で分かる事 取扱高の一番高い銀行はどこ? 人気の金利タイプは何? 固定期間選択型の人気の固定年数は? 銀行各社が決算時期に発表している公開情 ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

審査結果が早い住宅ローンを徹底比較 5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

【団信を徹底比較】無料で保障が一番厚い銀行はどこ? 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 団体信用生命保険(団信)は、多くの銀行で住宅ローンを借りる場合に加入が必須となっています。 (フラット35の団信加入は任意で、保険料は金利に含まれて ...

7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるかは、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設けて ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 8

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 9

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

10

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンの申し込みは初めてという方が殆どだと思いますが、ネット申し込みの入力項目にはどのような項目があって、どれくらい入力をしなければいけないのか ...

-税金のはなし
-

Copyright© 住宅ローンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.