諸費用

物件の仲介手数料について

主に建売住宅や中古物件を購入する場合、間に仲介業者が入る事があります。

価格の交渉や、銀行への住宅ローン申込みを代行してくれたり、鍵の引き渡しなどを行ってくれますが、仲介業者が間に入っている場合、仲介業者には仲介手数料を支払う事が必要です。

なお、宅地建物取引業法で仲介業者に支払う手数料の上限が定められていますので、法外な手数料を請求されていないか念のため確認をしましょう。

売買価格(税抜)400万円以上にかかる手数料の上限は3.24%

最終改正 H29年12月8日

仲介手数料の求め方

住宅建設のイメージ

売買価格が4,000万円の物件の場合

(物件価格4,000万円×仲介手数料3%+手数料6万円)+消費税8%
=仲介手数料約136万800円

例えば販売価格4,000万円の住宅を購入する場合には、手数料を仲介業者に約136万円を支払います。

仲介業者はこれを売り手と買い手の両者から受け取る事ができますので、4,000万円の物件が売買されると、仲介業者は合計で約272万円の仲介手数料を得る事になります。

売買契約時と、物件引き渡し時に50%ずつ合計2回に分けて支払う事が一般的で、毎月の金利に含めて支払う事が可能ですが、1回目の売買契約時に支払う仲介手数料は現金払いとなる事が多いです。

また、仲介手数料の有無は住宅の広告などに書いてありますが、仲介手数料が無料でない場合はごく小さい文字で書いてある事が多いので、広告を見る際には注意深く確認するようにしましょう。

おすすめ記事

1

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

2

2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住宅ローンはどのような変化があったのか振り返るとともに、 ...

3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保 ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-諸費用

© 2021 住宅ローンの教科書