運営責任者紹介

山知

ご訪問頂きましてありがとうございます。

住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー(第2259802号)、ライターの山知(@yamachi335)と申します。

僭越ながら少しだけ自己紹介をさせて頂きます。

東京在住、30代、妻、子供2人の4人家族です。

私が住宅ローンについて知識を深めた2000年代初頭には、何の根拠もないランキングサイトや、アフィリエイトを利用した広告目的のサイトが多く、中立的な利用者目線での本当に優れた情報サイトが少ない状態でした。

住宅購入時に知りたがりな性格も相まり徹底的にリサーチを行った事がキッカケとなって、この道へと進みました。

つまり、当時は誰よりも自分の方が上手に分かりやすく説明、と思い込んでしまったというわけです…

残念ながらクローズしてしまったサイトも入れると、住宅ローンの情報サイトは2011年から運営していますので、今年で9年目になります。

育ちと性格

祖父の代から私で3代目、生まれも育ちも東京の江戸っ子です。

子供の頃から探究心がとにかく旺盛で、気になった事や疑問点は納得するまでのめり込んで徹底的に調べないと気が済まない気質で、思いついてしまったら即行動に移さないと気が済まない性格でもあります。(本当に疲れる性格です…)

基本的には穏やかで温厚な性格なのですが、見た目と少しギャップがあるようです。

テクノロジーをはじめ新しいものが大好きで、その辺のアンテナは常に高く持っています。

小学校時代には、F-1とMTBが大好きで外で遊ぶのが大好きな少年時代でした。

特にMTBは当時MIYATAのチームに所属していたダウンヒルの選手、グレッグ・ヘルボルトが大好きで自分もレースに出たりしていました。

中学校に入ってからは音楽に目覚め、学生時代から行っているバンド活動をはじめとした音楽活動を通して、本当に色々な考えを持った素晴らしい人たちに沢山出会い、人生においての大切な事を多く学びました。

高校では軽音楽部に所属し部長も勤めました。

DIY精神や、フロンティアスピリッツもこの時に習得したかもしれません。(生涯の宝です)

趣味は音楽

映画バックトゥザフューチャーの中で、主人公がギターを弾く姿に影響を受けギターをはじめました。

好きなジャンルは、ロックやパンク、ハードコア、ヒップホップ、R&B、ブルーズ、スムースジャズ、カントリー、クラシック音楽まで、音楽なら本当に何でも大好きです。

浅く広くというのではなく、どのジャンルも結構深くまで探求しているので、にわかファンだと思われてる人と話をすると結構驚かれます。

東京の南青山にあるBlueNoteというジャズクラブで音楽を聞きながら食事をするのが最高の贅沢だと思っています。

ギターは、米ギブソン社のレスポールという機種を高校生の頃から気に入って愛用しています。

ギブソン社は2018年4月に事実上の倒産をしてしまいましたが、また必ず復活してくれると信じています。

20代の頃には一時期プロのギタリストとしてお給料をもらい生計を立てていた時期もあります。

日本だけではなく海外のバンドのオーディションなども積極的に受けたりして精力的な活動を行っていました。

この業界ではちょっと異色な経歴かもしれません。

住宅ローンアドバイザーが行える業務範囲とモットー

住宅ローンアドバイザーは、その名の通り住宅ローンに関するアドバイスを行う事を生業としています。

行える業務範囲は、住宅ローンに関するアドバイスのみで、金融機関への斡旋を行う事はコンプライアンス違反となります。

また、メリットだけだけではなく、住宅ローンの商品性リスクや、デメリットなどの事項に関しても住宅ローンアドバイザーとしての説明責任があります。

アドバイスを行ううえで一番心がけている事は、借りれる額よりも返せる額をアドバイスするという点です。

一番大切なのは家を買う事ではなく、無理なく最後まで計画的に返済をして行く事だと考えていますので、住宅ローンがきっかけで家計破綻することのないよう、家族の笑顔が末長く続く資金計画のお手伝いが出来れば嬉しく思います。

ライターとして皆さんにお伝えしたいこと

一部の偏った情報ではなく、事実、実情を正確に発信していきたいと考えています。

気を付けているのは「伝わった事が伝えた事」

読み手に伝わらなけらば存在しないのと一緒で全く意味がないと考えています。たとえば企業への取材記事などにおいても、内容を理解し咀嚼して、より分かりやすい文章で発信をしていくように意識しています。

また、商品をおすすめをする場合に特に気をつけているのが、その商品を自分の友人や親類にも自信を持っておすすめできるか?という事です。

自信をもって紹介できないもや、ダメなものはダメとハッキリと言えるブレないライターでありたいです。

住宅ローンの未来について

今後私たちの社会は2020年代にはIoT(物のインターネット)社会に確実に突入していきます。

ネットワークに繋がるモノが爆発的に増えるため、今まででは考えられなかったようなサービスがモバイルデバイスで提供される時代に移行します。

住宅ローンの選び方もAIやFnitechの進歩により、極限までコストを圧縮した契約が可能となりますが、いくら技術が進歩したとしても、正しく適切に利用できなければその恩恵を受ける事はできません。

私たちは単なる住宅ローン情報サイトではなく、これらテクノロジーと向き合い、紹介や付き合い方の提案なども積極的に行っていきたいと考えています。

もしかすると、「OK○○!私にピッタリの住宅ローンを教えて!」と一言で、リスクまで完璧に計算され尽くされた、パーフェクトな答えが導き出される日が、5〜10年後には来るかもしれませんね。

今後の目標

こんな大きな事言うと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、利用者の皆さんに本当に価値ある日本一正確で有益な住宅ローンメディアになりたいと本気で思っています。

そのためには一人では到底成し遂げる事はできません。聊か勝手ではありますが、同じベクトルを持った周囲の方々の協力を得ながら共に前に進んで行ければと考えています。

現在はフリーランスの個人運営ですが、今や情報発信に個人・法人関係ない時代になってきています。今後法人化するかもしれませんし、しないかもしれません。

直近の目標としては、個人運営ならではのフットワークの軽さと中立的な立場を生かし、とにかく有益な情報をいち早く提供する!ここに重点を置いて行きたいと思っています。

皆様のお役に立てるような最新情報をこれからも沢山仕入れ、まだまだ沢山勉強して、有益な情報を提供して参りたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

お仕事のご依頼や、お問い合わせ、無料住宅ローン相談はこちらから承っております。

無料住宅ローン相談は、お返信に少々お時間を頂く場合がありますので予めご了承のほど宜しくお願い致します。

もちろん匿名でOKですので、住宅ローンに関する疑問やメッセージどんどんお待ちしていいます!

編集部ペットのハチちゃん

ネコだけど犬みたいな名前でごめんニャ

末広がりの八(はち)ニャンだよ〜

おすすめ記事

1

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

2

2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住宅ローンはどのような変化があったのか振り返るとともに、 ...

3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保 ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

© 2021 住宅ローンの教科書