利用者の声・評価

blank

最新金利情報

各社最新金利比較はこちら

blank

注文住宅

2022/3/18

タウンライフ家づくりとは。注文住宅の丸ごと提案サイトだった。

目次 資金計画と建築業者探し、どちらから進めます?価格・信用・保証 建築会社は何で比較しますか?これが全部無料で貰えます!1、間取りプラン2、注文住宅費用3、土地探し資金計画と建築業者探し、どちらから進めます? まず資金管理から予算と銀行を決めて、その予算に合った会社(業者)を探す方法と、自分たちの理想の家を建ててくれる会社(業者)を探してから予算と銀行を決める方法があります。 本サイトでは住宅ローンを借りる際に参考になる銀行比較や金利比較などお役立て頂ける情報が満載です。 それと同じように会社(業者)選 ...

ReadMore

blank

金利の知識

2022/1/14

住宅ローンの優遇金利とは?仕組みを知って賢く住宅ローンを利用しよう

多くの人にとって、住宅ローンの金利は低いほうがいいでしょう。 しかし金利には「優遇金利」「店頭金利」などがあり、どう見るべきか迷う人もいるかもしれません。 特に「優遇金利」については、途中で適用金利が変わるものとそうでないものに分かれます。 金利の種類を確認するとともに、理解しにくい優遇金利について紹介します。 目次 住宅ローンの優遇金利とは1:店頭金利(基準金利)2:優遇金利3:適用金利4:実質金利(狭義)優遇金利の「当初型」と「通期型」1:優遇金利 当初型2:優遇金利 通期型当初型と通期型 返済額比較 ...

ReadMore

blank

住宅ローンジャーナル

2022/1/3

2022年の住宅ローン動向は?住宅ローン控除の変化を紹介

マイホーム購入を考えるうえで、住宅ローン控除の存在が大きいと考える人は多いです。 特に近年は消費税が10%に引き上げられたことや新型コロナウィルスの影響により住宅ローン控除の要件が緩和されたり、効果が大きくなったりしていました。 しかし2022年度税制改正により、住宅ローンの恩恵は縮小されるかことになりそうです。 今後マイホームを購入する予定ならば、改正内容と住宅購入に与える影響を知っておきたいです。2021年12月時点での概要を紹介します。 目次 2021年における住宅ローン控除とは経済状況に応じて変化 ...

ReadMore

blank

資金計画

2022/1/3

住宅ローンの借入可能額から購入物件の目安を知る!ポイントと注意点を紹介

マイホームを購入しようと思った場合に、価格について迷う人は少なくありません。 しかし立地や物件の広さ、グレードによって価格帯が異なるため、ある程度購入価格帯を絞らないと、物件探しが進みません。 とはいっても、多くの人が「私たちはいくらのマイホームが買えるのだろう」という素朴な疑問を抱えながら物件探しを始めるようです。 物件価格の目安を知るためには、住宅ローンの借入可能額を知ることが重要です。借入可能額から適切な物件価格を見通す場合の考え方と注意点を紹介します。 目次 物件価格の目安は「借入可能額+頭金」借 ...

ReadMore

blank

住宅ローンジャーナル

2022/1/3

住宅ローン審査で勤務先はどの程度影響する?ベンチャー企業は不利?

価格帯の大きい住宅購入においては、住宅ローンを組んで購入していくのが一般的です。 近年、住宅ローンの金利は低くなっており、この機会に住宅を購入したいと考える人も少なくないと推測します。 しかし住宅ローンには審査があります。ベンチャー企業や中小企業に勤めている場合「自身の勤務先属性では住宅ローン審査において、不利なのではないか」と気にする人もいるようです。 そこで住宅ローン審査の基本を紹介するとともに、勤務先がベンチャー企業や中小企業であることは審査に影響するのか見ていきます。 目次 住宅ローン金利は低い水 ...

ReadMore

blank

基礎知識

2022/1/3

住宅ローンのワイド団信 通常の団信との違いやリスクを紹介します

住宅ローンを組む際に、資産や収入が審査されることは周知のとおりですが、健康状態も重要な審査項目の一つです。 というのも、住宅ローンを組むためには団信が義務付けられていることが多く、健康状態が良好でないと団信に加入することが難しいからです。 働いて住宅ローンを返済していくためには、健康が重要な要素だからでしょう。 しかし、団信に加入できないだけでマイホーム購入を諦めたくない人もいることでしょう。 通常の団信に加入できないときの選択肢として、「ワイド団信」がありますが、通常の団信とはどのような違いがあるのでし ...

ReadMore

blank

住宅ローンジャーナル

2022/1/3

住宅ローンずっと変動金利を選択する場合のリスクは?

住宅ローンを組むなら、金利水準が低い変動金利を選択したいと考える人は少なくないはずです。 しかしその一方で、金利が上がった場合に返済額が上がることを不安に感じることとでしょう。 金利が上がり続けた場合、返済額が上がるのはもちろんですが、どのタイミングで上がっているのかは以外に知らない人が多いかもしれません。 変動金利の仕組みとリスクについて紹介します。 目次 変動金利の基本的な仕組み変動金利とは固定金利期間選択型との違い変動金利における5年ルールと125%ルール変動金利の5年ルール変動金利の125%ルール ...

ReadMore

blank

基礎知識

2022/1/3

住宅ローンで無理の無い返済額はいくら?返済比率や将来の支出から考えよう

マイホーム購入にあたり、無理の無い返済額で住宅ローンを組むことは重要です。 毎月の返済において負担が大きいと、せっかくの新居を楽しむゆとりもなくなってしまうかもしれません。 無理の無い返済額を検討する場合に役立てたいのが家計を見通す力です。 どのように家計を見通していくべきか、やり方とポイントを紹介します。 目次 住宅ローンの「返済比率」で無理のない返済額を見つけよう住宅ローンの返済比率とは教育費から考える無理の無い返済額教育費ピーク時の返済比率返済が苦しい時期がある場合老後資金から考える無理の無い返済額 ...

ReadMore

blank

資金計画

2022/1/3

住宅ローン パートの配偶者でも収入合算は可能か?

住宅ローンには審査があり、申込者の収入は審査に大きな影響を与えます。 必要な額を申込者1人で借りるのが難しい場合には配偶者の収入も合算する「収入合算」を利用する方法があります。 しかし収入合算者が正社員ではない、いわゆるパートやアルバイトとして働いてる場合、収入合算を利用することはできるのでしょうか。 パートやアルバイトでも収入合算が不可能というわけではありませんが、申込時のハードルは高くなりますし、利用に際して注意すべき点もあります。 収入合算について詳しく紹介します。 目次 収入合算の概要収入合算の効 ...

ReadMore

Real-estate

基礎知識

2022/1/3

住宅ローン借り換え時、借入額の上乗せは可能?上乗せできる範囲は?

金利水準が低い現在、住宅ローンの借り換えを検討している人も少なくないでしょう。 住宅ローン借り換えの大きなメリットは適用金利を下げることで毎月返済額を減らすことができることです。 それに伴い返済計画の見直しや、家計の立て直しなどの効果も期待できます。 様々な効果が見込める「借り換え」においては、借入額の上乗せが可能なのか気になる人も多いと推測します。 住宅ローン借り換えにおける「上乗せ」について解説します。 目次 住宅ローンの借り換え時 借入額の上乗せはできる? 借り換え時に上乗せできるのは諸費用諸費用と ...

ReadMore