税金の知識

住宅ローンジャーナル 横山晴美 税金の知識

住宅ローン控除とiDeCoは併用できる!一緒に使うときの注意点はある?

2019/3/5  

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 2017年から公務員や専業主婦でも加入できるようになり、加入資格の制限がなくなったiDeCo(個人型確定拠出年金)。 年金を自分で作ることができる ...

住宅ローン減税(控除)はいつまで?【購入時期別早見表】

税金の知識

住宅ローン減税(控除)はいつまで?【購入時期別早見表】

2020/3/18    

住宅ローン減税(控除)はいつまで?「税金が高いと思っていたら控除が終わってた!」とならない為にも、購入時期別早見表で控除終了時期を確認してみましょう。 2019年10月からの消費税増税に伴い、2019 ...

住宅購入後に送られてくる税務署からの『お尋ね』

税金の知識

住宅購入後に送られてくる税務署からの『お尋ね』の内容と書き方を解説

2020/3/18  

住宅を購入してしばらくすると『お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね』という書類が税務署から送られてくる事があります。 この書類を返送しないで無視し続けると、ハガキや電話で督促の連絡が入り、 ...

税金の知識

認定住宅の減税額について

2019/1/14  

長期優良住宅や低炭素住宅は、行政が住宅性能の高さを認定し、適用認定されれば減税額がアップします。長期優良住宅は年間10万戸前後の認定実績があり、ぜひ検討したい制度です。 住宅の基本性能の向上を図るため ...

計算機

税金の知識

住宅購入時と購入後にかかる税金の種類には何があるの?

2019/2/23  

不動産取得にかかる税金には、住宅購入時だけではなく、購入後にかかる税金もあります。 住宅購入後には買った家が資産となりますので、保有している資産に対して対して税金を納める事になります。 不動産にかかる ...

金銭消費賃貸契約書

税金の知識 資金計画

住宅資金を親から借りる場合の注意点

2020/2/8  

住宅を購入するにあたり、親から資金を借りる場合は税務上の注意が必要になります。 資金の貸し出し主が自分の親ともなると、返済があいまいになり、最終的には返済が止まってしまう場合が誰しもあるかと思います。 ...

計算明細書 一面

税金の知識

住宅ローン減税 確定申告書の書き方

2020/3/18    

確定申告には以下3点の書類への記入が必要になりますが、書類を揃えたら下記の順番で記入をしていった方が楽です。 ①計算明細書 ②確定申告書(第二表) ③確定申告書(第一表) 申請書は国税庁のHPからダウ ...

国税庁HP

税金の知識

住宅ローン減税の概要

2019/1/13    

住宅ローン減税(住宅ローン控除と同意)は、年末時点での住宅ローン借入残高の1%を上限に、最大10年間毎年の所得税が控除または還付されるというものです。 控除額は一般住宅で年間40万円、10年間で最大4 ...

2020年4月金利比較

各社最新金利情報はこちら

住宅ローンジャーナル

2020/4/5

新型コロナウイルスの影響で住宅ローン返済にお困りの方へ

【2020年3月28日情報更新】 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で住宅ローン返済にお困りの方向けの情報をまとめています。 新しい情報が入り次第、随時アップデートしていきます。 フラット35ををご利用の方 住宅金融支援機構では、新型コロナウイルス感染症の影響により、フラット35のご返済が困難となった方に対して、返済の相談と毎月のご返済が遅れた場合にかかる延滞損害金の相談を受け付けています。 詳しくは、いずれもご利用中の金融機関の窓口にご相談ください。 詳しくはこちらへ 新型コロナウイルス感染症 ...

ReadMore

住宅ローンジャーナル 横山晴美

2020/3/19

住宅ローンの頭金を用意するとき、預貯金はいくら残せば安心なのか

住宅ローンを借りる際、頭金を入れると毎月返済額を圧縮することができます。 毎月の返済は楽なほうが嬉しいですが、頭金を支出することによって、預貯金が減ってしまうことに不安もあると思います。 預貯金はどの程度残すのが正解なのでしょうか。 最低限必要な預貯金の目安は、基本生活費の○ヶ月分 預貯金として最低限確保しておきたい額は、基本生活費の3~6カ月分とされます。 これは、仮に倒産や病気、災害といった不測の事態に陥っても、3~6カ月の生活費があれば、生活を立て直すことができると想定しているためです。 基本生活費 ...

ReadMore

横山晴美 金利の知識

2020/3/9

住宅ローンの固定金利期間が終わったらどんな選択があるのか

住宅ローンの金利選択は悩ましいものです。 変動金利は金利上昇のリスクがありますし、全期間固定金利は金利が高めなのが気になるところです。 そんなときに選びがちなのは、一定期間金利が固定される「○年固定金利(期間固定型)」です。 とはいえ期間固定型でも所定の年数が過ぎると、再び金利選択と向き合わなければなりません。 期間固定型における、固定金利期間が終わった場合の対応についてご紹介します。 固定金利期間が終了すると、住宅ローンはどうなる 期間固定型は、ベースが変動金利となります。変動金利ではあるけれども、一定 ...

ReadMore

基礎知識 横山晴美

2020/2/8

どんなものがある?住宅ローンにおける銀行以外の借入れ先

銀行以外の借入先を検討している人へノンバンクの解説。 モーゲージバンクや、証券会社など、銀行との違いやメリット・デメリットなど。 住宅ローンの借入先といえば、銀行を思い浮かべるのが一般的でしょう。 しかし、住宅ローンの借入先は銀行だけとは限りません。銀行の他にどんな選択肢があるのでしょう。 利用額が大きい機関の特徴をご紹介します。 住宅ローンの借入先 住宅ローンの借入先はどんな機関があるのでしょう。 国土交通省の「平成29年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」より新規の貸出額が多い順にご紹介しま ...

ReadMore

住宅ローンジャーナル 横山晴美 資金計画

2020/2/2

住宅ローンと教育費の確保を両立するコツは?家計の優先順位が高いのはどちら?

子どもが生まれたことがきっかけで、マイホームを購入する夫婦は少なくありません。 とはいえ、子どもが小さいということは、これから教育費の確保も必要になってきます。 住宅ローンを返済しながら、教育費にも備えるにはどうしたらいいのでしょう。 住宅ローンと教育費の支出を両立させるコツをご紹介します。 コツ1 教育費と並行して教育費を確保するなら、固定金利がおすすめ 住宅ローンと教育費の両立が不安な場合、住宅ローンは返済額が最後まで変わらない「全期間固定金利」を選択しておくほうが安心です。 教育費は兄弟の数や子ども ...

ReadMore

Copyright© 住宅ローンの教科書 , 2020 All Rights Reserved.