税金のはなし

住宅ローンジャーナル 横山晴美 税金のはなし

住宅ローン控除とiDeCoは併用できる!一緒に使うときの注意点はある?

2019/1/1  

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 2017年から公務員や専業主婦でも加入できるようになり、加入資格の制限がなくなったiDeCo(個人型確定拠出年金)。 年金を自分で作ることができる ...

住宅ローン減税(控除)はいつまで?【購入時期別早見表】

税金のはなし

住宅ローン減税(控除)はいつまで?【購入時期別早見表】

2018/11/11    

住宅ローン減税(控除)はいつまで?「税金が高いと思っていたら控除が終わってた!」とならない為にも、購入時期別早見表で控除終了時期を確認してみましょう。 2019年10月からの消費税増税に伴い、2019 ...

住宅購入後に送られてくる税務署からの『お尋ね』

税金のはなし

住宅購入後に送られてくる税務署からの『お尋ね』の内容と書き方を解説

2018/3/17  

住宅を購入してしばらくすると『お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね』という書類が税務署から送られてくる事があります。 この書類を返送しないで無視し続けると、ハガキや電話で督促の連絡が入り、 ...

税金のはなし

認定住宅の減税額について

2017/12/31  

長期優良住宅や低炭素住宅は、行政が住宅性能の高さを認定し、適用認定されれば減税額がアップします。長期優良住宅は年間10万戸前後の認定実績があり、ぜひ検討したい制度です。 住宅の基本性能の向上を図るため ...

計算機

税金のはなし

住宅購入時と購入後にかかる税金の種類には何があるの?

2017/12/22  

不動産取得にかかる税金には、住宅購入時だけではなく、購入後にかかる税金もあります。 住宅購入後には買った家が資産となりますので、保有している資産に対して対して税金を納める事になります。 不動産にかかる ...

金銭消費賃貸契約書

税金のはなし 資金計画

住宅資金を親から借りる場合の注意点

2017/11/15  

住宅を購入するにあたり、親から資金を借りる場合は税務上の注意が必要になります。 資金の貸し出し主が自分の親ともなると、返済があいまいになり、最終的には返済が止まってしまう場合が誰しもあるかと思います。 ...

計算明細書 一面

税金のはなし

住宅ローン減税 確定申告書の書き方

2017/7/17    

確定申告には以下3点の書類への記入が必要になりますが、書類を揃えたら下記の順番で記入をしていった方が楽です。 ①計算明細書 ②確定申告書(第二表) ③確定申告書(第一表) 申請書は国税庁のHPからダウ ...

国税庁HP

税金のはなし

住宅ローン減税の概要

2015/7/15    

住宅ローン減税(住宅ローン控除と同意)は、年末時点での住宅ローン借入残高の1%を上限に、最大10年間毎年の所得税が控除または還付されるというものです。 控除額は一般住宅で年間40万円、10年間で最大4 ...

2019年11月金利比較

各社最新金利情報はこちら

横山晴美 諸費用

2019/11/8

住宅ローン諸経費の保証料とは?保証料が返金されるケースもある?

住宅ローンの諸経費のひとつに「保証料」があります。保証料は小さな額ではなく、諸経費のうちで大きな割合を占める費用です。 ただし保証料は繰上返済や一括繰上返済時に一部が戻ってくることがあります。 「保証料は安いほうがいい」と考えている人にとっては、保証料の返金は気になる仕組みでしょう。 保証料の返金とはどういったものなのか、保証料の仕組みから解説します。 保証料の役割 最初に、保証料の必要性について見ていきましょう。保証料は保証会社と契約(保証を受ける)するために必要な費用です。 住宅ローン契約者が保証会社 ...

ReadMore

基礎知識 横山晴美

2019/11/2

担保がいらない「無担保住宅ローン」とは?無担保住宅ローンのメリットやデメリットについても解説

住宅ローンといえば、自宅を担保に入れて融資を受けるのが一般的なイメージです。 しかし、担保が不要の住宅ローンも存在することをご存じでしょうか。 自宅を担保に入れたくない人にとっては興味深い住宅ローンですが、通常の住宅ローンとの違いも多いですので、内容をよく知って利用することをおすすめします。 担保がいらない住宅ローンについてご紹介します。 担保がいらない住宅ローンとは 担保がいらない住宅ローンを「無担保住宅ローン」といます。 教育ローンやリフォームローンなど、担保の提供がいらない「無担保ローン」は複数あり ...

ReadMore

基礎知識 横山晴美

2019/9/24

40年の住宅ローンを組む場合のメリット・デメリット

住宅ローンの返済期間は「最長35年」との設定が一般的です。 しかし中には35年超の住宅ローンも存在します。住宅ローンは借金ですので、「一日でも早く返したい」と考える人も多く、そういった人にとっては40年、場合によってはそれ以上の期間の住宅ローンを組むことが理解しにくいかもしれません。 あえて長い住宅ローンを選ぶメリットは何なのでしょう?注意点もあわせてご紹介します。 借入期間35年以上の住宅ローンがある金融機関 実際に金融機関で取り扱っている35年以上の住宅ローンはどんなものなのでしょう。いくつかご紹介し ...

ReadMore

基礎知識 横山晴美

2019/9/17

住宅ローンをダブルで組むときはどんなローンがいい?注意点も知ろう

人生100年時代の今、「マイホームは一生に一戸だけ」とは限りません。すでにマイホームがあっても、ライフスタイルの変化に合わせて「住み替え」「セカンドハウスの購入」などを考える人もいるでしょう。 とはいえ、現在住んでいるマイホームの住宅ローンがまだ残っている場合は、資金繰りが難しくなります。 住宅ローンに加えて住み替えやセカンドハウスのローンを組むさいの注意点や選択肢をご紹介します。 ダブルローンとは 住宅ローン(住宅ローンに類するローンを含む)が2本になることをダブルローンといいます。 住宅ローン返済中に ...

ReadMore

基礎知識 横山晴美

2019/9/3

住宅ローンの融資実行が取り消しになってしまうことはあるのか

住宅ローンの審査は「仮審査」「本審査」の2段階で進められます。 「仮」と「本」、2回の審査をパスすれば、あとは融資の実行を待つのみです。 融資が通り、実際に振り込みが実行されるまでは少し間があきますが、その間に融資が取り消されることはあるのでしょうか? もし、そういった事態があり得るとしたら、それはどんなケースなのかご紹介します。 融資実行までの流れ 融資が実行されるまでの流れはどんなものなのでしょう。 融資実行の取り消しについて考えるまえに、融資実行までの段取りを確認します。 【融資実行までの大まかな流 ...

ReadMore

Copyright© 住宅ローンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.