利用者の声・評価

【イオン銀行の住宅ローン】金利や評判はどう?契約前にメリット・デメリットを知っておこう!

【イオン銀行の住宅ローン】金利や評判はどう?契約前にメリット・デメリットを知っておこう!

今回は、イオン銀行が提供する住宅ローンの口コミ・評判、メリット・デメリットなどについて解説します。

イオン銀行の住宅ローンを一言でまとめると、「金利は最安ではないが、イオン系列でお買い物をする方はお得!また対面でいろいろ相談できる!」となります。

住宅ローンの検討をされている方は、どうぞ最後までご覧ください!

編集部ペットのハチちゃん
イオンでお買い物をされる方は、かなりおトクな住宅ローンなんだニャ〜

イオン銀行 住宅ローンの特徴・利用可能な条件をご紹介

イオン銀行 住宅ローンの特徴・利用可能な条件をご紹介

イオン銀行は、スーパーなど小売業のイメージが強いイオングループのグループ会社です。

大手小売業に強みを持つイオングループの特徴を活かした住宅ローンサービスを提供しています。

低金利、充実の保障内容に加え、イオングループでのお買い物で割引が受けられるのが最大の特徴です。

イオン銀行住宅ローンの概要

ご利用になれる方

・借入れ時の年齢が満 20 歳以上満 71 歳未満で、最終返済時の年齢が満 80 歳未満の方
ただし、8 疾病保障付住宅ローンまたはガン保障特約付住宅ローンをお選びいただく場合は、お借入れ時の年齢が満 20 歳以上満 50 歳未満で、最終ご返済時の年齢が満 80 歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
給与所得者の方は 6 カ月以上勤務していること。会社経営者および個人事業主の方は事業開始後 3 年を経過していること。
給与所得者および会社経営者の方は前年度年収 100 万円以上、個人事業主の方は前年度所得が 100 万円以上であること。

借入金額

200万円以上 1 億円以内(10 万円単位)

借入期間

年以上 35 年以内(1 カ月単位)

保証料

なし

団体信用生命保険

・8つの疾病保障のついた<8 疾病保障付住宅ローン>をご利用の場合、お借入れ利率が年0.3%高くなります。
・上皮内ガン・皮膚ガン、先進医療保障特約*1 のついた<ガン保障特約付住宅ローン>をご利用の場合、お借入れ利率が年 0.1%高くなります。
*1
8疾病保障特約付にも付帯されます。
保険料は銀行負担

手数料

ローン取扱手数料
次の①②から選択。
①定額型
ご利用時に、110,000 (税込)のローン取扱手数料をお支払いいただきます。
②定率型
ご利用時に、お借入れ金額の 2.20%(税込)のローン取扱手数料をお支払いいただきます。(最低取扱手数料 220,000 円(税込))。
定率型をご利用いただいた場合、定額型にくらべお借入れ利率が年 0.2%低くなります。

金利変更手数料無料
一部繰上返済手数料無料

全額繰上返済手数料55,000 円(税込)
その他条件変更手数料無料

イオン銀行公式サイトより抜粋

イオン銀行 住宅ローンの口コミ・評判をチェック!

イオン銀行 住宅ローンの口コミ・評判をチェック!

SNSで呟かれている口コミ・評判をチェックしてみました。特に多かった内容をまとめましたのでご紹介いたします。

編集部ペットのハチちゃん
代表的な物をご紹介するニャ

金利に関する口コミ・評判

上記はごく一部ですが、全体的に金利がとにかく低いという口コミが多いです。

実際に適用される金利は人それぞれ異なりますが、金利が低いと感じてる人は多いようです。

イオンでの買い物がおトクになるという口コミ・評判

上限はありますが、イオングループでの買い物が5年間5%オフになる事に大きなメリットを感じている人が多い印象です。

さらに、ゴールドカードの発行と、イオンラウンジの利用ができる点も高評価を得ているようです。

この点については、この後詳しく解説します。

編集部ペットのハチちゃん
その他に、こんなツイートもあったニャ。

住宅ローン審査には本当に沢山の入力項目があります。

少しの事かもしれませんが、ユーザーの入力負担を減らしてくれるのは嬉しいですね。

イオン銀行 住宅ローンのメリット

イオン銀行 住宅ローンのメリット

メリット

  • イオングループでのお買い物が5%オフになる
  • イオン銀行の店舗で対面相談ができる
  • つなぎ融資に対応している
  • 諸費用も住宅ローンに組み込める
  • 金利の上乗せで保障を手厚くできる
  • ワイド団信に対応している
  • イオンゴールドカードセレクトを発行できる
  • 金利変更、一部繰上返済手数料が無料

それではメリットを詳しく見ていきましょう。

イオングループでのお買い物が5%オフになる

イオン銀行住宅ローンを契約すると、イオングループ(※1)でのお買い物が5%オフになります。

これがイオン銀行の最大のメリットです。

(※1)イオン、イオンスーパーセンター、マックスバリュー、ダイエー、おうちでイオン、まいばすけっと、ピーコックストア、アコレ など

通常価格でも安いイオンの商品がさらに割引になるので、普段からイオングループでお買い物をされる方にとっては大きなメリットになります。

この割引に加え、waonポイントなどその他のイオンのお得なサービスもあるのでとても魅力的なサービスといえるでしょう。

ただし、注意しなければならない条件があります。

まず、以下のとおり1年間の割引上限が設定されており、それが5年間の時限的サービスとなります。

借り入れ条件 買い物上限額 最大割引額
当初借入額1,000万円以上2,000万円未満 年間45万円まで 年間22,500円まで
当初借入額2,000万円以上 年間90万円まで 年間45,000円まで

※上記1年あたりの割引が5年まで

とはいえ、2000万以上の借り入れで年間90万円、1か月あたりで7万5,000円の購入金額ですから厳しい制約とは言えないでしょう。

ただ、株主優待のオーナーズカードとの併用はできませんので、これ以上の買い物をされる方はどちらが有利かを判断する必要があります。

また、金利が最低水準のネットバンク他行とどちらがお得かも比較する必要があることは注意しましょう。

イオン銀行の店舗で対面相談ができる

これも大きなメリットです。

昨今の金利最低水準のネット住宅ローンを利用しようとすると手続きがネット完結であることが一般的であり、疑問点、不明点は基本的にカスタマーサービスに電話相談するしか方法がありませんでした。

それがメリットと感じる方もいる一方で、顔の見えない相手とネット越しにやり取りしながら数千万円のローンを組むことに抵抗や疑問を感じる人も少なからず存在します。

一般的に住宅ローンを組む際には、借入可能額、金利、返済年数、保障内容など考慮するべきことは沢山あります。

また、返済能力を超えた借り入れによってせっかくのマイホームを失ってしまう方もいます。借りられることと返済できることは全く別問題なので、事前に吟味しなければいけないことはたくさんあるのです。

そうした相談が日本全国にあるイオン銀行の店舗で、365日年中無休で、AM9時~PM9時まで対応可能です。

こうした小売りチェーン大手のメリットを生かした、充実した相談対応体勢は他の金融機関では決して真似できない強みといえます。

つなぎ融資に対応している

イオン銀行の住宅ローンを店舗申込で利用した場合のみ、「イオン銀行つなぎローン」を利用できます。

多くの低金利のネット銀行では、つなぎ融資、分割実行共に対応していない場合がほとんどです。

そのため、注文住宅を計画される場合の土地の代金や着工金、上棟金を自己資金で賄えない場合は、自分でつなぎ融資機関を見つけなければなりません。

そうした手間が省けるという意味で、注文住宅を計画されている方にとっては、とても大きなメリットになるでしょう。

なお、イオン銀行のつなぎローンは着工資金、上棟資金のみ(土地代金の支払時には利用できません)なのでご注意ください。

諸費用も住宅ローンに組み込める

イオン銀行の住宅ローンは、物件に係る諸費用(火災保険料、登記費用、印紙代、不動産仲介手数料など)を借入額に含めることができます。

諸費用の目安としては、注文住宅、新築マンションならば物件価格の3~6%、建売、中古戸建て、中古マンションなら6~9%が目安であり、決して安い金額ではありません。

自己資金で賄えない場合、通常は金利の高い諸費用ローンを利用しなければならないところ、低金利で借りられ、かつ住宅ローン控除も適用できるのがイオン銀行住宅ローンの強みです。

金利の上乗せで保障を手厚くできる

イオン銀行住宅ローンは少しの金利上乗せで、保障内容を充実させることができます。

【金利+0.1%で「ガン特約」が付帯】

ガン保障特約付き住宅ローン

  • がんと診断されると住宅ローン残高が0円
  • がんを原因とする先進医療の自己負担金を保障(1回の療養につき最大500万円、通算1000万円まで)
  • 初めて上皮内がん、皮膚がんと診断された場合30万円を保障

【金利+0.3%で「8疾病保障プラス」が付帯】

さらに金利+0.3%で3大疾病(上記のガン特約含む)、5つの重度慢性疾患、失業信用費用保険、加えて、金利+0.05%で居住不能信用費用保険も付帯します。

・ガン保障
前述のガン特約

・脳卒中・急性心筋梗塞保障
脳卒中・急性心筋梗塞で所定の状態が60日以上継続したら住宅ローン残高が0円

・5つの重度慢性疾患保障
5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵(すい)炎)により就業不能状態が12カ月を超えて継続した場合、住宅ローン残高が0円

・失業信用費用保険
非自発的失業状態(勤務先の倒産、会社都合の解雇など)が1か月を超えて継続した場合最長6か月間毎月のローン返済相当額を保障

・居住不能信用費用保険
火災、自然災害、地震などで住宅が全壊または大規模半壊し、居住不能状態となったとき月々のローン返済額を最長6か月間保障

上記のように、多少の金利上乗せでここまで保障を充実させることができます。

裏を返すと、金利上乗せがなければ通常の団信内容のみとなってしまいますので、金利上乗せなしで全疾病保障が付帯するものなど、他行の住宅ローンと比較、検討する必要があります。

ワイド団信に対応している

イオン銀行住宅ローンではワイド団信に対応しています。

ワイド団信とは、持病や病歴が原因で一般の団信に加入できない方向けに、金利を上乗せして団信に加入させてくれるものです。

イオン銀行住宅ローンでは、金利+0.3%でワイド団信に加入することができます。

低金利のネット住宅ローンではワイド団信に対応していないことも多いので、自身の健康状態に不安がある方はぜひ検討してみてください。

イオンゴールドカードセレクトを発行できる

イオン銀行住宅ローンを契約すると、イオンゴールドカードセレクトが発行されます。

これはイオンカードセレクトで直近1年間のカードショッピング100万円以上など、所定の条件を満たさないと発行されないカードです。

通常のイオンカードセレクトに加え、以下のメリットもあります。

・ショッピングセーフティ保険の補償が充実
・国内外の旅行傷害保険が無料付帯
・全国のイオンラウンジや主要空港のラウンジサービスが利用できる

金利変更、一部繰上返済手数料が無料

ネットバンク、店舗共に一部繰上返済手数料は無料です。

(全額繰上返済は店舗、ネットバンク共に55,000円(税込)の手数料がかかります)

また、借入後の金利変更も手数料無料で可能です。

イオン銀行 住宅ローンのデメリット

イオン銀行 住宅ローンのデメリット

デメリット

  • 優遇金利には適用条件がある
  • お買い物割引は最長5年まで
  • 保障内容を充実させると金利が上乗せされる
  • ローン取扱が借入額×2.2%で他行より高くなる可能性がある

ここからはデメリットを挙げていきます。

優遇金利には適用条件がある

優遇金利の適用には条件があり、さらに保障内容を充実させようとするとさらに金利が上乗せになります。

この優遇金利を受ける条件として

必須条件

 1イオンカードセレクトの申込
 2イオン銀行インターネットバンキングの登録

これに加え、以下のうちのいずれかに該当する必要があります。

 3イオン銀行口座を給与振込口座に指定
 4投資信託口座開設及び外貨預金口座開設

つまり、上記のうち(1,2,3)あるいは(1,2,4)の条件を満たさないと優遇金利が適用されません。

特に費用が掛かるものではありませんが、このような条件が指定されています。

金利最低水準のネットバンクなどとも比較検討する必要はあるでしょう。

お買い物割引は最長5年まで

メリットの部分でも触れましたが、お買い物割引には5年間の時限的措置があります。

最大割引金額は低くはないので、一般的なファミリーの利用金額なら大きなデメリットにはならないでしょう。

保障内容を充実させると金利が上乗せされる

これもメリットに書きましたが、非自発的な失業に加えて、災害時の住宅ローン返済も保障される魅力的な内容ですが、金利が上乗せになってしまう点は、やはり注意が必要です。

ご自身の状況に合わせて判断されることを勧めます。

ローン取扱手数料が借入額×2.2%で他行より高くなる場合がある

イオン銀行住宅ローンのローン取扱手数料は2通りあります。

定額型 契約時に定額11万円(税込)(※定率型に比べ金利0.2%上乗せ)
定率型 契約時に借入額の2.2%(税込)(※最低取扱手数料22万円(税込))

この手数料が特別高額なわけではないのですが、借入額などの条件によっては他行のほうが事務手数料が安くなる可能性がありますので、比較、検討する余地はあるでしょう。

イオン銀行住宅ローンの金利情報

イオン銀行住宅ローンの金利情報

編集部ペットのハチちゃん
最新の金利情報だニャ
イオン銀行 8月適用金利
変動金利
5年固定
10年固定
0.520%
0.550%
0.620%
保証料
0円
団体信用生命保険
0円
融資事務手数料
定額型=110,000 円(税込)
定率型=借入全額の2.2%(税込)
借入可能額
200万円以上1億円以内(10万円単位)

注:審査結果により異なります。

借入可能期間
1年以上35年以内(1カ月単位)
一部繰り上げ返済手数料
無料
申し込み
インターネット/窓口

イオン銀行 公式サイト

【まとめ】イオン銀行の住宅ローン

【まとめ】イオン銀行の住宅ローン

イオン銀行住の宅ローンは、イオングループでの買い物割引や、日本全国にあるイオン銀行店舗での対面相談対応といった小売業大手であるイオングループの特徴を最大限に活かしています。

また、つなぎ融資やワイド団信に対応することで幅広い層をターゲットにした商品となっています。

まとめ

  • イオングループでのお買い物が5%オフになる(上限有り・期間は最長5年)
  • イオン銀行の店舗で対面相談ができる
  • つなぎ融資に対応している
  • 諸費用も住宅ローンに組み込める
  • イオンゴールドカードセレクトを発行できる
  • 金利変更、一部繰上返済手数料が無料
  • 優遇金利には適用条件がある
  • 保障内容を充実させると金利が上乗せされる
  • ローン取扱が借入額×2.2%で他行より高くなる場合がある
編集部ペットのハチちゃん
イオン銀行の公式サイトはこちらからどうぞ。

\公式サイトで詳しく見る/

イオン銀行 公式サイト

おすすめ記事

1

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

2

これから住宅を購入しようと考えている人にとって、金利がどう推移してくのかは、重要な問題です。 金利が上がっていくなら、今のうちに全期間固定金利で購入するのが賢いでしょうが、しばらく低金利が続くなら、変 ...

3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

住宅ローン取扱高ランキング 4

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事で分かる事 取扱高の一番高い銀行はどこ? 人気の金利タイプは何? 固定期間選択型の人気の固定年数は? 銀行各社が決算時期に発表している公開情 ...

5

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保 ...

7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 8

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 9

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-利用者の声・評価
-

© 2020 住宅ローンの教科書