金利の知識

預金連動型の住宅ローンとは

預金連動型の住宅ローンは、住宅ローンと預金口座をセットにして、口座の預金残高に応じて住宅ローン金利が変わる仕組みです。

預金残高分まで実質的にゼロ金利になるものや、預金残高分まで低金利が適用されるものなどがあります。

対象となる預金の範囲は金融機関によって異なりますが、預金を増やす事により実質的な金利負担を軽くする事ができます。

預金連動型の住宅ローンとしては、東京スター銀行のスターワン住宅ローンが有名です。

ポイント

預金と住宅ローン残高の差に金利がかかる仕組み

預金連動型住宅ローンのメリット

預金連動型住宅ローンイメージ

口座の預金残高が増えれば金利負担が減るということは、口座への預金を多くする事で、繰り上げ返済と同じ効果を得る事ができます。

一般的な繰り上げ返済は手元の資金を減らしてしまいますが、預金連動型の住宅ローンであれば預金として手元に資金を残しておく事ができ、もしも資金が必要になった場合には引き出せるという安心感があります。

預貯金を着実に行い住宅購入後も貯金を確実に増やしていけるという人には向いている仕組みです。

預金連動型住宅ローンの注意点

豚の貯金箱

預金と住宅ローン残高の差額応じて金利が決定するので、預金を引き出してしまった場合には、金利計算の対象となる借入残高が実質的に増えるため、支払利息が増えて毎月の返済額が増加する場合があります。

思わぬ出費などで、預金を引き出してしまった場合には金利負担が重くなって返済計画が破綻してしまう事もあります。

預貯金連動型を利用する場合には貯蓄計画と万一の際のリスクを十分に立てる事が重要です。

おすすめ記事
東京スター銀行
東京スター銀行の住宅ローン

東京スター銀行のスターワン住宅ローンは、預金残高と同額分、ローン金利がかからない預金連動型の住宅ローンです。 預金連動型の住宅ローンを扱っている銀行は珍しく、東京スター銀行が代表的な存在となっています ...

続きを見る

参考住宅ローンの適用金利は人によって違う

イオン銀行
SBIマネープラザ

おすすめ記事

blank 1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

blank 2

「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に早めですが、auじぶん銀行が最短の審査回答を公表しています。 なかには新生銀行のよう ...

blank 3

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

blank 4

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

blank 5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

-金利の知識