審査

住宅ローンの審査結果に有効期限はある?

住宅模型とコイン

住宅ローンの審査結果には一般的に有効期限が設けられています。

いざ契約を進めようとした際に、期限が切れていて融資を受けられないといったことが無いように、あらかじめ審査結果の通知までにかかる日数と、審査結果の有効期限を調べておくことが大切です。

大手金融機関が設けている審査結果の有効期限

金融機関 事前審査 本審査
auじぶん銀行 180日 180日
三菱UFJ銀行 180日 270日
住信SBIネット銀行 180日 180日
ソニ一銀行 60日 60〜90日 (新築は最大180日)
イオン銀行 90日 270日
楽天銀行(フラット35) 1年 1年

審査結果の有効期限は60〜180日程度が多い

フラット35は前年の年収で審査を行うので、有効期限は1年と比較的長めですが、多くの金融機関では60日〜180日程度の有効期限を設けています。

審査の有効期限は金融機関によって異なるので、注意が必要です。

長い場合には270日という期限を設けている金融機関もありますが、住宅ローンを利用したい銀行の有効期限を必ず確認するようにしましょう。

また、実際の申し込み時から契約するまでに月が替わっていると、当初安いと思っていた金利が変わっている場合があります。

民間の住宅ローンの金利は、融資実行時の金利が適用されますので、この点にも注意が必要です。

複数の金融機関に審査申し込みをすると良い

住宅ローンは複数の金融機関に申し込んで審査を受けるのが良いとされています。

その理由は、住宅ローンの審査では必ず自分の希望が通るとは限らず、審査結果が出るまでに長いと3週間程度を要します。(それ以上の場合もあります)

もし一つの金融機関に絞って審査に通らなかった場合には、融資不可の結果が出てから新たに別の金融機関に一から申し込みをすることになります。

また、一つの金融機関の審査しか申し込みをしていなかった場合、融資額を減らされたり、不利な条件を提示されたりした場合への備えがありません。

最悪の場合は、購入したいタイミングで住宅ローンを借りる事ができず、希望の物件を諦めるしかないという事態にもなりかねません。

「希望の物件を購入できない」といった最悪の事態や、時間のムダをなくすためには、手堅い物件の提携ローンに申し込んで借入先を確保しておきつつ、別の有利な非提携ローンを探すという方法もあります。

大切なのが、なるべく複数の金融機関の中からベストなものを選べる状態にしておくということです。

住宅ローンは審査に通っても、必ずしも契約しなければいけないという事はありません。

他の金融機関の審査に既に通っていれば比較して有利な住宅ローンを選択する良いチャンスにもなります。

特に条件の良い住宅ローンは審査が長くなる傾向にありますので、早めに申し込みをするようにしましょう。

おすすめ記事

blank 1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

blank 2

「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に早めですが、auじぶん銀行が最短の審査回答を公表しています。 なかには新生銀行のよう ...

blank 3

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

blank 4

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

blank 5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

-審査