審査

住宅ローンの申し込みで虚偽(嘘)の申告や記入ミスは絶対にしてはいけない理由

住宅ローンの審査申し込みには、記入項目も多く記入ミス(入力ミス)が起きる場合も少なくありません。

では、申し込み書の記入ミスを後から気付いた場合にはどうすればいいのでしょうか?

また、勤め先、勤続年数、年収などを偽って申し込みすると、どのような事が起きるのか?についても解説します。

記入内容の相違や虚偽(嘘)の申告は絶対にしてはいけない理由

記入内容の相違や虚偽(嘘)の申告は絶対NG

住宅ローンの申し込みで、絶対に行ってはいけないのが虚偽(嘘)の申告です。

例えば、クレジットカードの借り入れを隠したまま、住宅ローン審査に申し込みをして、本審査で借入金額を減額されたり、否決回答となるケースがあります。

また、住宅ローンの申込書には団体信用生命保険に加人するための告知項目があり、過去に病歴があれば記入しますが、ここに嘘の内容を記載すると告知義務違反となり、もし病気になったり死亡したりしても保険金は下りず、自分や家族が返済に困ることになります。

契約者が死亡した場合、病歴に嘘の申告があったと判断されると、契約違反として遺族に一括返済を求められることもあります。

絶対に虚偽の申告や申告漏れはしないようにしましょう。

個人的な事なので金融機関にはバレないだろうと思うかもしれませんが、クレジットカードなどの借入状況は個人信用情報を照会すればすぐに判明しますし、病気になれば生命保険会社の厳格な調査や医師の診断で判明する事になります。

記入ミスに気付いた場合はすぐに訂正の連絡をしましょう

記入ミスに気付いた場合は訂正の連絡を

現在はネット申し込みができる金融機関が多くなっていますが、住宅ローンの申込書類には記入ミスをしないように十分に注意しましょう。

事前審査で申し込み書に記入した内容と、本審査で申告した内容が異なると、審査に通りにくくなります。

住宅ローンの正式な申し込みの際は、必要な書類をすべて揃えた後で必ず相違が無いかチェックをするようにしましょう。

特に事前審査時から年収が少なくなっていたり、勤続年数が短くなっていたり、職業・職種が変わっているというような相違が確認された場合、審査では不利になるので十分に注意しましょう。

もし記入ミスをしたまま申し込みをしてしまった場合には、気が付いた時点ですぐに金融機関に連絡を入れるようにしましょう。

記入ミスは誰にでもあることなので、連絡さえ入れておけば悪い印象を与えなくて済みます。

記入ミスや相違に気が付いているのに、何も連絡をしないというのが最も審査に悪影響を与えてしまいます。

住宅ローン審査で嘘の申告がバレる理由は?

虚偽(嘘)の申告はこうして見破られる

■税金や年金の未納状況
→納税証明書で未納がある場合は調べる事ができる

■過去の借金履歴
→信用情報登録機関への照会で、他の金融機関からの借り入れ状況について相違がないか調べる事ができる

■年収、勤続年収
→勤務先が作成する源泉徴収票や、健康保険証などにより調べる事ができる

人気記事急ぎの人向け!審査が早い住宅ローンを徹底比較

【借り換えにもおすすめ】ネットで申込みできる住宅ローン

アルヒ(ARUHI)

blank

特徴

  • 国内最大手の住宅ローン専門金融機関で「フラット35」の種類が最も豊富
  • ネットからの申し込みで事務手数料が割引になる
  • 自己資金に余裕がある場合、通常より金利が低い「スーパーフラット」も利用可能
ARUHI 1月適用金利
フラット35(団信保険料込み金利)
返済期間
15〜20年
21〜35年
融資率90%以内
1.18%
1.30%
融資率90%超
1.44%
1.56%
保証料
0円
団体信用生命保険
0円
融資事務手数料
借入金額の2.2%(税込)
Webからの新規申込で1.1%(税込)
借入可能額
100万円以上8,000万円以内
(年収400万円未満:年間の返済負担率30%まで)
(年収400万円以上:年間の返済負担率35%まで)
借入可能期間
15年以上35年以内(完済時年齢80歳まで)
一部繰り上げ返済手数料
無料(インターネット)
申し込み
インターネット/窓口

ARUHI 公式サイト

おすすめ記事

blank 1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

blank 2

「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に早めですが、auじぶん銀行が最短の審査回答を公表しています。 なかには新生銀行のよう ...

blank 3

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

blank 4

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

blank 5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

-審査