金利の知識

住宅ローンの店頭金利と適用金利について

住宅ローンの金利は金融機関ごとに少しずつ異なります。

基本的な金利は、店頭金利(基準金利ともいいます)で表されており、この金利が銀行のホームページの金利一覧のページや店頭に表示されています。

しかし、実際にローンを借りるのはこの金利ではなく、金融機関は店頭金利から割引きし対応しています。

広告などで目にするのは、この割引きした後の金利になります。

引き下げ後の金利を適用金利や、優遇割引、キャンペーン金利と呼び、店頭金利から割引きを行い調整を行うようになっています。

そのため銀行ローンは割引きされた後の、実際に借りる金利で比べてみないと分かりません。

さらに、金利割引きには、当初タイプと全期間タイプがあり、現在はどちらかを選べる銀行が多いです。

これらは金融機関の営業方針によって異なるので、いろいろな銀行と比べて見る事をおすすめします。

銀行金利表示の見方

■店頭表示金利とは
銀行が決めた表向きの金利です。

■適用金利とは
店頭金利から金利割引を行った金利。実際に住宅ローンを借りる時に適用されるのはこの金利です。

金利割引のタイプ

引下げ金利には2つのパターンがあります。

当初の固定期間中の引下げ幅が大きめで、固定期間終了後の引下げ幅が小さめの当初引下げタイプと、全期間に渡り一律に金利引下げを行うが、引下げ幅は小さい全期間引下げタイプです。

具体的に、固定期間選択型 3年固定の例で引下げイメージを見てみましょう。

当初引下げタイプ

固定期間選択型を対象とした割引で、固定金利期間は割引率を大きくし、固定期間が終わると割引率を縮小するものです。

当初引下げタイプ

ポイント

金利引下げ幅は当初大きめで、固定期間終了後は小さめ

全期間引下げタイプ

変動金利型、固定期間選択型を対象とする割引で、返済終了までずっと同じ割引率を適用します。

全期間引下げタイプ

ポイント

金利引下げ幅は小さめで、引下げ期間は長め

関連記事
blank
住宅ローンを最優遇金利で借りるためには

住宅ローンには店頭表示と実際に借りる金利の優遇金利があり、店頭やホームページなどに表示されている金利と実際に適用される金利が異なっているのが普通です。 たとえば、メガバンクの変動金利型は各行とも2.4 ...

続きを見る

参考住宅ローンの適用金利は人によって違う

おすすめ記事

blank 1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

blank 2

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住 ...

blank 3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に ...

blank 4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

blank 5

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

blank 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-金利の知識

© 2021 住宅ローンの教科書