基礎知識

【収入合算】住宅ローンにおける連帯保証と連帯債務の違いについて

【収入合算】連帯保証と連帯債務の違いについて

申込者の収入だけでは希望額が借入れできない場合、夫婦や親子など同居予定の家族で、安定した収入がある人の収入を合算する事ができる仕組みを、収入合算といいます。

収入合算には連帯保証と連帯債務がありますので、それぞれの違いを解説します。

民間の金融機関は連帯保証が一般的で、フラット35や財形住宅融資では連帯債務が適用されます。

連帯保証とは

連帯保証とは、住宅ローンの主たる債務者と連帯して債務の保証をする事です。

連帯保証人とは、連帯債務の規定により主たる債務者と同じ責任(連帯保証)を負います。

民間の金融機関では夫婦や親子など2人の収入を合算して住宅ローンを借りる場合には夫が主たる債務者、妻や子が連帯保証人になる場合が多いです。

その際住宅ローン契約が1件の場合は、連帯保証人は住宅ローン控除が受けることができません。

主たる債務者と連帯保証人の2人が住宅ローン控除を受けるためには、2人が同じ金融機関でそれぞれ住宅ローン契約をして、お互いに連帯保証人になる必要があります。

連帯保障の注意ポイント

お互いに連帯保証人になって、各人1件ずつ、合計2件分の住宅ローン契約する場合は、事務手数料が2件分かかります。

連帯債務とは

連帯債務とは、2人とも同じ債務を負って住宅ローンを一緒に返済する義務があることをいいます。

このように主たる債務者と一緒に住宅ローンの債務を負う人を、連帯債務者といいます。

金融機関は住宅ローンの返済が終わるまでは、主たる債務者と連帯債務者(従たる債務者ともいいます)のどちらにも請求できることになっており、連帯債務者も住宅ローン控除を受ける事ができます。

この連帯債務制度はフラット35や財形住宅融資で取り扱っていますが、銀行などの民間住宅ローンではあまり取り扱いがありません。

連帯債務の注意ポイント

フラット35の団信には夫婦どちらかが死亡・高度障害になった場合に保障されるデュエットがあり、通常の1.56倍の団信で加入できますが、

民間住宅ローンの連帯債務は一般的に団信に加入できないので注意が必要です。

その場合は民間の保険で準備する事も検討してください。

連帯保証と連帯債務の違い

 連帯保証連帯債務
取扱金融機関銀行などのほとんどの民間金融機関フラット35、財形住宅融資、一部の民間金融機関
契約1件の住宅ローン契約同一金融機関で、お互い連帯保証人になり、それぞれ住宅ローン契約をする主たる債務者、従たる債務者が連名で1件の契約をする
事務手数料1件分2件分1件分
団体信用生命保険契約をした債務者のみ加入するため、連帯保証人に万一の事があっても保障されない。それぞれ加入するため、双方が借入れ残高分の保障を受けられる。民間の住宅ローンは主たる債務者しか加入できない。
フラット35で夫婦の場合は、機構団信デュエットで、どちらかが死亡・高度障害の保障が有り。
住宅ローン控除連帯保証人は受けられないそれぞれが自分の借入れ残高に応じて受けられる連帯債務者も受けられる

ポイント

頭金だけを出して住宅ローンを組まない場合でも担保提供者として住宅ローンの連帯保証人や連帯債務者になる事が求められる場合があります。

収入合算の条件について

一般的に収入合算ができるのは、同居予定の配偶者、婚約者、両親、子供、などの1名に限られます。

兄弟姉妹は原則認められせんが、合算可能な直径親族や配偶者がいない場合には認められる場合もあります。

金融機関によっては、合算者に正社員で年収300万円以上などの条件を設けている場合があります。

申込には収入証明の提出が必要になるため、扶養の範囲でパート・アルバイトで働く人は対象にならない事がまだ多いですが、アルバイトやパートでも収入合算できる金融機関はあります。

合算できる額も金融機関によって異なり、

  • 合算者の収入全額
  • 合算者の収入の1/2まで
  • 主たる債務者の収入の1/2まで

など異なるため確認が必要です。

住宅ローン控除を2人とも受けたい場合には連帯債務者になるか、それぞれが住宅ローンを組みお互いの連帯保証人となる必要があります。

また、借入れ後に合算者が仕事を辞めて収入が減った場合にも返済が可能かを十分に考慮する必要があります。

ネットで申込みできる住宅ローン

アルヒ(ARUHI)

特徴

  • 国内最大手の住宅ローン専門金融機関で「フラット35」の種類が最も豊富
  • ネットからの申し込みで事務手数料が割引になる
  • 自己資金に余裕がある場合は、通常のフラット35より金利が低い「スーパーフラット」も利用可能
ARUHI 6月適用金利
フラット35(団信保険料込み金利)
返済期間
15〜20年
21〜35年
融資率90%以内
1.22%
1.35%
融資率90%超
1.48%
1.61%
保証料
0円
団体信用生命保険
0円
融資事務手数料
借入金額の2.2%(税込)
Webからの新規申込で1.1%(税込)
借入可能額
100万円以上8,000万円以内
(年収400万円未満:年間の返済負担率30%まで)
(年収400万円以上:年間の返済負担率35%まで)
借入可能期間
15年以上35年以内(完済時年齢80歳まで)
一部繰り上げ返済手数料
無料(インターネット)
申し込み
インターネット/窓口

ARUHI 公式サイト

auじぶん銀行

じぶん銀行

特徴

  • 事前審査の回答は最短当日で融資実行までの日数がネット銀行の中で最も早い
  • auスマホとじぶんでんきのセット申込みで金利が年間最大.0.1%オフ
  • がんと診断でローン残高50%保障の団信加入が0円
auじぶん銀行 6月適用金利

全期間引下げプラン

当初期間引下げプラン

変動金利
10年固定
35年固定
0.410%
0.525%
1.460%
保証料
0円(※)
団体信用生命保険
0円
融資事務手数料
借入金額の2.2%(税込)
借入可能額
500万円以上1億円以下(10万円単位)

注:審査結果により異なります。

借入可能期間
1年以上35年以内(1ヶ月単位)

注:借り換えの場合には一部制限有り。

繰り上げ返済手数料
【一部繰り上げ】
無料
【全額繰り上げ】
変動金利であれば金利適応中は無料
固定金利であれば金利適応中は33,000円(税込)
申し込み
インターネット

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。
金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます。
審査の結果により保証会社を利用する場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されますが、別途支払う保証料はありません。

auじぶん銀行 公式サイト

イオン銀行

イオン銀行

特徴

  • 住宅ローンの借入でイオングループでの買い物が5%オフ
  • 諸費用も住宅ローンに組み込め、つなぎ融資にも対応
  • 8疾病保障など、いざという時の保障特約の種類が充実
イオン銀行 6月適用金利
変動金利
5年固定
10年固定
0.520%
0.550%
0.670%
保証料
0円
団体信用生命保険
0円
融資事務手数料
定額型=110,000 円(税込)
定率型=借入全額の2.2%(税込)
借入可能額
200万円以上1億円以内(10万円単位)

注:審査結果により異なります。

借入可能期間
1年以上35年以内(1カ月単位)
一部繰り上げ返済手数料
無料
申し込み
インターネット/窓口

イオン銀行 公式サイト

おすすめ記事

1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

2

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住 ...

3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

5

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-基礎知識

© 2021 住宅ローンの教科書