基礎知識

勤務先の提携住宅ローンを確認してみよう

青い家のシルエット

住宅展示場で返済プランを立ててもらうと、ほとんどの場合は不動産会社の提携ローンを使用して35年返済で算出される事が多いです。

もちろん住宅ローンは提携ローンしか利用できない訳ではなく、自分で探して自由に決める事ができます。

たとえば、銀行が取引先企業の社員向けに提携ローンを用意していることがあり、勤務先の提携ローンを使用した方がお得な場合があります。

内容はさまざまですが、中には通常より金利の割引が大きかったり、保証料が安くなっていたりといろいろと特典がある場合があります。

自社のどこの部署に確認すればいい?

勤務先の提携ローンについては、自分の会社の人事部や総務部、または労働組合で確認する事ができます。

自分の勤めている会社のグループ企業に銀行があるなら、まずはその銀行を確認してみると良いです。

不動産会社の提携する銀行の提携ローンで借りる場合、新築なら物件の審査が済んでいることが多く審査がスムーズに行われたり、審査に必要な書類を不動産会社の担当者が銀行に届けてくれるので自分で銀行に足を運ぶ必要がなかったりします。

新築の場合は法務局に不動産登記を行う際にかかる登録免許税の軽減が受けやすくなる場合があったり、とメリットも多くありますが、金利の面で考えた場合必ずしも不動産会社の提携ローンが最安いというわけではありません。

不動産会社を介さなければローン取り扱い手数料の3〜10万円を支払わずに済み節約にもなります。

いつまでに申し込みが必要?

住宅ローンの契約は物件の引き渡し時になりますので、引き渡しの1ケ月前くらいまでに借入先が決まっていればOKです。

審査期間を考慮すると余裕を持って2〜2ケ月前には申し込みをしておけば良いでしょう。(詳しくはご自身の会社の人事部や総務部、または労働組合に確認するようにしてください)

売買契約時に仮決めした不動産会社の提携ローンで、仮審査に通っていた場合でも、後で変更する事が可能です。

不動産会社提携のローンで決定する前に、一度勤務先の提携ローンの確認をしてみる事をおすすめします。

勘違いしやすい2つの「提携ローン」

勤務先の提携ローン(勤務先企業と銀行が提携しているローン)

  • 提携している企業の社員向けに金利割引や、保証料が安くなるなど特典を用意している場合があります

不動産会社の提携ローン(不動産会社と取引銀行が提携しているローン)

  • 金融機関の物件審査が済んでる事が多く、比較的審査が早い
  • 新築物件の場合、登記費用が安くなる場合があります

参考【住宅ローンの選び方】初心者でも迷わないための比較ポイントと必須知識を解説!

おすすめ記事

blank 1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

blank 2

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住 ...

blank 3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に ...

blank 4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

blank 5

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

blank 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-基礎知識

© 2021 住宅ローンの教科書