銀行比較

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン

ARUHI

ARUHI(旧SBIモーゲージ)は、住宅ローンを専門とした金融機関で、取り扱う住宅ローンはフラット35が主力です。

フラット35にさまざまなサービスを取り入れ、それぞれ違った商品として差別化を図り販売を行っています。

フラット35の他には、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行など、大手ネット銀行の住宅ローンを、ARUHIの窓口で申し込む事ができます。

ネット銀行の低金利は魅力だけど、ネット上での手続きの抵抗感があるといった人は、ARUHIの実店舗窓口で申し込みを行う事が可能です。

\まずは仮審査(無料)申込み/

ARUHI 公式サイト

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン・ラインナップ

ARUHIは、フラット35(保証型)の仕組みを利用した、独自のARUHIスーパーフラットでは、従来のフラット35に比べて低い金利での融資を実現しています。

フラット35には買取型と保証型が有り、どちらも住宅金融支援機構とARUHIが提携して融資を行いますが、保証型では、貸倒損失に対しての保証は住宅金融支援機構がARUHI社に対して行うことになります。

現在フラット35では、買取型の方が市場を占める割合が多く一般的となっていますが、保証型は、取り扱う金融機関が金利や、手数料などを自由に決定する事ができます。

また、フラット35では、融資率が90%未満と90%超えでは適用金利が異なる特徴がありますが、ARUHIフラット35と、ARUHIフラットαの併用で物件価格の10割まで融資可能とする事が可能になるサービスも提供しています。

ARUHIの店舗は北海道から沖縄まで、全国に170店舗以上あり、インターネットでの申し込みももちろん行えます。

ビデオチャットでの相談窓口は平日22時まで相談可能(要予約)

全期間固定金利

■フラット35
最長35年の全期間固定金利。収入合算や、親子リレーローンなど多彩な使い方が可能

■スーパーフラット9
自己資金1割以上で、通常のフラット35よりも低金利に

■スーパーフラット8
自己資金2割以上で、スーパーフラット9よりおトクな金利に

■スーパーフラット7
自己資金3割以上で、スーパーフラット8よりさらにおトクな金利に

■スーパーフラット6
自己資金4割以上で、スーパーフラット7よりさらにおトクな金利に

変動金利・当初固定金利

■変動S
ARUHIオリジナルの住宅ローン。金利タイプは変動金利(半年型)と当初固定金利(3年・5年・10年)

■変動Sワイド
変動Sよりも柔軟な審査基準が特徴。金利タイプは変動金利(半年型)のみ

blank
ARUHI(アルヒ)スーパーフラットの評判・口コミは?デメリットはある?

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) フラット35で有名なモーゲージバンクの、ARUHI(アルヒ)のみで取り扱っている「スーパーフラット」 通常のフラット35とは何がどのように違うのでしょ ...

続きを見る

保障・その他周辺サービスなど

充実の付帯保険
全疾病保障特約(入院一時金付き)、失業保障特約、火災保険等の各種提携保険を完備

■ARUHIフラットα
フラット35を低金利な融資率90%未満で借入し、ARUHIフラットαと組み合わせる事により物件価格の10割まで借入可能

■未来パッケージ
全疾病保障(入院一時金付)に加入する場合、上乗せ金利もしくは特約料が30%割引になります。
(住宅ローンのお申し込み時年齢が、満20歳以上40歳以下の方が対象)

ARUHI(アルヒ)・住宅ローンのポイント

  • 2004年のフラット35取り扱い開始時から現在まで、業界最低水準の低金利を実現中
  • フラット35の審査は最短当日、本審査は最短3日と手続きがスピーディー
  • 実店舗窓口で契約手続きをサポート
  • 実店舗を持たない他社ネット銀行の住宅ローンの取り扱いがある

ARUHI(アルヒ)の住宅ローンはこんな人におすすめ

  • 全期間固定金利で金利上昇リスクに対する安心感を得たい
  • フラット35をできるだけ低金利で借りたい
  • 窓口での対面で申し込み手続きを行いたい
  • 働く女性ための住宅ローンを借りたい

blank

ARUHI(アルヒ)の手数料

商品名 融資事務手数料
フラット35
スーパーフラット
ARUHI変動S
借入金額の2.2%(税込)

フラット35はWeb申込で1.1%(税込)

ARUHI(アルヒ)の金利情報

ARUHI 9月適用金利
フラット35(団信保険料込み金利)
返済期間
15〜20年
21〜35年
融資率90%以内
1.15%
1.28%
融資率90%超
1.41%
1.54%
保証料
0円
団体信用生命保険
0円
融資事務手数料
借入金額の2.2%(税込)
Webからの新規申込で1.1%(税込)
借入可能額
100万円以上8,000万円以内
(年収400万円未満:年間の返済負担率30%まで)
(年収400万円以上:年間の返済負担率35%まで)
借入可能期間
15年以上35年以内(完済時年齢80歳まで)
一部繰り上げ返済手数料
無料(インターネット)
申し込み
インターネット/窓口

ARUHI 公式サイト

ARUHI 9月適用金利
ARUHIスーパーフラット(団信保険料込み金利)
返済期間
15〜35年
スーパーフラット6
(融資率60%以内)
1.110%
スーパーフラット7
(融資率70%以内)
1.130%
スーパーフラット8
(融資率80%以内)
1.150%
スーパーフラット9
(融資率90%以内)
1.230%
保証料
0円
団体信用生命保険
0円
融資事務手数料
借入金額の2.2%(税込)
借入可能額
100万円以上8,000万円以内
【スーパーフラット6〜8】
年収400万円未満:年間の返済負担率30%まで
年収400万円以上:年間の返済負担率35%まで
【スーパーフラット9】
年間の返済負担率20%以内まで
借入可能期間
15年以上35年以内(完済時年齢80歳まで)
一部繰り上げ返済手数料
無料(インターネット)
申し込み
インターネット/窓口

ARUHI 公式サイト

おすすめ記事

blank 1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

blank 2

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住 ...

blank 3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に ...

blank 4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

blank 5

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

blank 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-銀行比較

© 2021 住宅ローンの教科書