住宅ローンジャーナル

WhatzMoney独自メソッドの住宅ローンパーソナルスコア診断

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知)

これまでいくつかの住宅ローンメディアや企業のご紹介をしてきましたが、今回は業界内最大のスタートアップ企業として大変注目を集める、WhatzMoney株式会社(本社:東京都目黒区)をご紹介致します。

WhatzMoneyは住宅ローンに特化したサービスを多く開発し、2018年3月より個人の属性を診断するパーソナルスコア診断の提供を開始しています。

WhatzMoney ローン比較

WhatzMoney ローン比較

https://rank.whatzmoney.com/

簡単な3ステップ手順で、750を超える金融機関から住宅ローン比較を行う事が可能です。

結果は、以下の3点を条件の良い順に表示してくれます。

  1. 総返済額
  2. 毎月返済額
  3. 金利

条件入力1

SETP1

新規借入 or 借り換えを選択

条件入力2

SETP2

借入条件を入力

条件入力3

SETP3

地域情報を入力

結果

このように条件が有利な順に結果が表示されます。

条件の入力から結果が算出されるまでに要した時間は40秒程度でした。

WhatzMoney Media

WhatzMoney Media

https://media.whatzmoney.com/

WhatzMoney Mediaは住宅ローンに関するコラムをFP(ファイナンシャルプランナー)やライターが執筆した情報メディアです。

これから住宅ローンを借りる人も、返済中の人も業界の動向を把握するのにおすすめです。

住宅ローンパーソナルスコア診断

住宅ローンパーソナルスコア診断

https://score.whatzmoney.com/

2018年3月よりサービス提供を開始した、住宅ローンパーソナルスコア診断。

パーソナルスコア診断とは、WhatzMoney社が過去の住宅ローンの借入・借換支援の経験から蓄積した独自のデータを用いて、住宅ローンの借入易さの算出と、改善点を提案するサービスです。

ウェブサイト上から申し込みを行い、電話で質問に答えるだけで、診断結果が送付されます。

診断結果サンプル

これから住宅ローンの新規借入や借り換えを検討していて、審査に不安のある人は事前に改善点や借りやすい金融機関を把握する事ができます。

運営元のWhatzMoneyに聞いてみた

インタビュー日時:2018/6/7

運営元のWhatzMoney株式会社にコンタクトを取り、運良く取材OKの回答を頂きましたので、代表の前田一人氏(@KazutoMaeda0987)にインタビューを行いました。

編集部:御社の提供するパーソナルスコア診断について、具体的にはどのようなスキームで診断を行うのでしょうか?

WhatzMoney:まず、A〜Eまで5つのランク分けを行います。

このA〜Eまでの基準はどういった基準かというと、どこの金融機関で審査に通るかというイメージを持ってもらうためにランクを付けています。

例えば、Eランクの場合は「借入の希望内容を見直しした方が良い」といった、つまり借りすぎであるという情報や、延滞をした事があるなど何らかの信用情報に問題がある、といったランク付けになります。

Eランクは基本的に「借入内容について見直しましょう」というアドバイスを行い、我々からどこの住宅ローンのプランが良いかという選定は致しません。

Dランクについては、労働金庫や信用金庫など、比較的返済比率や審査基準が緩やかな金融機関を提示します。

例えば年収が350万円で返済比率が30%のような場合にはDランクとなりますが、住宅ローンの借入を行う事は可能です。

BランクCランクについても、借入を行う事は可能ですが、地方銀行や信用金庫など地域金融機関が望ましいでしょう。という設定をしています。

Aランクについてはネット銀行や信託銀行などの比較的審査が厳しめの金融機関を推薦するようにしています。

編集部:パーソナルスコア診断を利用する事で得られるメリットはどんなことがありますか?

WhatzMoney:一般的に住宅ローンの借入を行う人は、住宅ローンはそこまで詳しくない人が殆どだと思います。

中には詳しい方もいらっしゃいますが、大方詳しくないと思います。

その中で住宅ローン選びを一からやると、例えば、ネット銀行ではなかなか難しい条件や属性の方も、金利の安さ釣られてネット銀行に審査を持ち込む可能性があります。

通常考えれば借りられないので、審査に申し込む必然性がありません。

そこを、大体の目安を手に入れる事で、我々から金融機関の具体的なプランを3つ提示しますので、「自分だったらこの信用金庫で借りるべきなんだ」などのイメージを持っていただく事ができます。

そうすることで手間がかからず、審査が通る中から、金利が低い、あるいは条件の良い金融機関を選ぶ事ができます。

編集部:サービスの開発にあたり苦労したことはありますか?

WhatzMoney:各金融機関の傾向を把握するために比較をしたり、銀行の癖を把握するのに全く情報が無い状態でしたので初めは苦労しまた。

編集部:これからの住宅ローン市場における御社の使命は何でしょうか?

WhatzMoney:借主がどうしても情報弱者の中で話が進んでいきますので、銀行や不動産会社の方が住宅ローンを知っている状態で借主は選択をしないといけないという状況があります。

この状況を色々な手段を用いて少しでも解消して行きたいと考えています。

(ここまで)

ご多忙中にもかかわらずお答え頂きありがとうございました。

パーソナルスコア診断はこちらからどうぞ。

WhatzMoney株式会社について

2015年設立の若い企業でありながら、早くも不動産テック協会(The Real Estate Technology Association of Japan)が作成する、不動産カオスマップの、ローン・保証部門に登場するほどのインパクトを持った企業です。

不動産カオスマップ

WhatzMoney

代表:前田 一人
公式ホームページ
設立:2015年4月
本社:東京都目黒区中目黒1-3-3 アーバンリゾート代官山5F
事業内容:インターネットを利用した金融商品の情報提供サービスの提供、借り入れ媒介サービスの提供

おすすめ記事

1

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

2

2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住宅ローンはどのような変化があったのか振り返るとともに、 ...

3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保 ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-住宅ローンジャーナル
-

© 2021 住宅ローンの教科書