金利のはなし

固定期間選択型とは

投稿日:2017年11月19日 更新日:

全期間固定型と変動金利型の中間に位置するのが固定(金利)期間選択型です。(当初固定金利型、一定期間固定金利型ともいいます)

この金利タイプは、開始から3年、5年、10年間などの当初期間は金利を固定し、固定期間終了後にはその時点の金利で再度、変動金利型や固定期間選択型を選ぶ仕組みです。

当初の固定期間が短いものほど低金利である事が特徴で、各金融機関の金利引き下げ競争の代表的な商品となっています。

ポイント

最初の一定期間は借入時の金利で固定される

固定期間終了後の金利に注意

選択した固定期間中は金利が固定されます

固定期間選択型の最大の注意点は、固定期間が終了し、適用される金利次第では返済額が変わるという事です。

金利が上昇すれば、それだけ毎月の返済額も増えてしまう事になります。

変動金利型のように直近の支払い額の125%を上限とする救済ルールはありませんので、金利動向には注意深く関心を持つようにしましょう。

固定期間終了後の金利は、店頭表示金利から一定の割合で引き下げしている商品が多く、引き下げ幅は店頭表示金利から、-0.5%、-1.0%、-1.5%、-2.2%、など金融機関によってさまざまです。

固定期間の金利の低さのみに目を奪われず、必ず固定金利期間終了後の金利も確認し、仮にもし途中で金利が上昇しても返済できる範囲であるかを慎重に判断するようにしましょう。

固定期間選択型の割引きタイプには大きく2種類あり、当初引き下げタイプと全期間引き下げタイプの2種類があります。

それぞれの特徴は以下で詳しく解説しています。

店頭金利と適用金利について

住宅ローンの金利は金融機関ごとに少しずつ異なります。 基本的な金利は、店頭金利(基準金利ともいいます)で表されており、この金利が銀行のホームページの金利一覧のページや店頭に表示されています。 しかし、 ...

続きを見る

固定期間選択型の考え方

固定期間選択型は、金融機関としても顧客に勧めやすい商品で、全期間固定型で安心を得たいけれど、変動金利型の低金利も魅力的で捨てがたいという契約者の心理をくすぐる内容になっています。

金融機関から「最初の◯年間は金利を固定して安くします。◯年後の経済状況を見て固定か変動を再度選んでください」と説明されれば、多くの人は納得すると思います。

銀行の顧客争奪戦もあって、確かに短期間の固定金利はとても割安な金利水準となっていますが、注意も必要です。

たとえば10年固定型の場合、金利も全期間固定型と変動金利型の中間の水準で、10年間にローン残高が安定的に減って行きます。

しかし、10年目以降にもし金利が上昇した場合、返済額はある程度抑えられますが、10年固定型の10年後は固定金利型、変動金利型どちらを選択しても、毎月返済額は上がると考えておきましょう。

もし子供がいる家庭で教育費などで家計が苦しい時期に重なってしまった場合、住宅ローン負担が増えるのは家計破たんを招きかねないので特に注意が必要です。

固定期間選択型は、予め決めた5年や10年などの固定期間のうちに教育費や老後資金のメドをつけたいと思う人が、戦略的に使ってこそ威力を発揮します。

単純に銀行で勧められたからという理由では、固定期間終了後にはもしかしたら後悔する可能性があります。

現在は低金利ですが、固定期間終了後の5年後、10年後などには社会の景気が変わり金利上昇することもあると考え、金利上昇に備えた貯蓄の手当てをしたうえで、慎重に判断するようにしましょう。

各金融機関で固定期間選択型を扱っていますが、同じ固定年数でも各銀行で中身が異なります。

金利や割引幅、ミックスローンが選べるのか、繰り上げ返済手数料や保証料など、複雑に違うので金利だけで判断するのはやめましょう。

固定期間選択型の選び方

家の模型を持って考える男性

■固定期間終了後の家計を想像してみる
10年固定型であれば10年後に再び、全期間固定型か変動型を選択する仕組みです。

固定期間終了後に世帯年収が増えたり、家計の負担が少なくなる見込みがあり、当初◯年間の返済額を固定させたいと考える場合には利用する価値は十分にあります。

■短期間の固定金利型は慎重に
2年、3年、5年など短期間の固定金利型の超低金利なプランは、現在と同じ金利水準であっても確実に返済額はアップします。
固定期間終了後に金利も上昇していた場合は大幅に返済額がアップします。

■全期間固定型と慎重に比較をする
金利固定期間を何年にするか、全期間固定のフラット35にするかは、適用金利、保証料などの諸費用、繰り上げ返済手数料等、を比較して慎重に選ぶようにしましょう。

まとめ:固定期間選択型の特徴

  • 固定金利期間中の金利、返済額は変わらない
  • 固定期間終了後はその時点での金利に見直しされる
  • 固定期間終了後は、変動金利や固定金利選択型を選択できる
  • 変動金利型と異なり、返済額に上限が設けられていないため、大幅な負担増となる可能性もある

おすすめ記事

家族と家のイラスト 1

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 住宅ローンの金利状況やトレンドは絶えず動いています。 2018年の住宅ローン金に大きな変化はありませんでしたが、小幅の上下はありました。 2019 ...

金利タイプ別おすすめ住宅ローン5選 2

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

住宅ローン取扱高ランキング 3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事で分かる事 取扱高の一番高い銀行はどこ? 人気の金利タイプは何? 固定期間選択型の人気の固定年数は? 銀行各社が決算時期に発表している公開情 ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

審査結果が早い住宅ローンを徹底比較 5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

【団信を徹底比較】無料で保障が一番厚い銀行はどこ? 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 団体信用生命保険(団信)は、多くの銀行で住宅ローンを借りる場合に加入が必須となっています。 (フラット35の団信加入は任意で、保険料は金利に含まれて ...

7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるかは、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設けて ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 8

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 9

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

10

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンの申し込みは初めてという方が殆どだと思いますが、ネット申し込みの入力項目にはどのような項目があって、どれくらい入力をしなければいけないのか ...

-金利のはなし

Copyright© 住宅ローンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.