税金の知識

住宅ローン減税(控除)はいつまで?【購入時期別早見表】

住宅ローン減税はいつまで?【購入時期別早見表】

住宅ローン減税(控除)はいつまで?「税金が高いと思っていたら控除が終わってた!」とならない為にも、購入時期別早見表で控除終了時期を確認してみましょう。

2019年10月からの消費税増税に伴い、2019年10月〜2020年末の間に購入・入居した人は減税期間が通常の10年から3年延長の13年になります。

コロナの影響を受け、住宅ローン減税の期間が13年に延長される措置が取られています。

対象は以下の条件を満たす方です。

  • 契約期限(注文住宅は令和2年10月~令和3年9月、分譲住宅等は令和2年12月~令和3年11月)と、入居期限(令和3年1月~令和4年12月)を満たす方が対象。
  • 上記の控除期間13年の措置の延長分については、床面積要件を40㎡以上に緩和。(40㎡以上50㎡未満については、合計所得金額1,000万円以下の方限定)

詳細:https://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000164.html

住宅ローン減税(控除)はいつまで?

購入時期が2007〜2008年の方は、国から地方に税源移譲を行う政策が行われた関係で、減税期間を10年、15年と利用者が選べるような減税制度でした。

購入・入居時期期間控除終了年控除率
(年末ローン残高)
年間最大控除額
2007年10年間2016年(控除終了)
15年間2021年1%1〜10年目15万円
0.5%11〜15年目10万円
2008年10年間2017年(控除終了)
15年間2022年0.6%1〜10年目12万円
0.4%11〜15年目8万円

契約期限(注文住宅は令和2年10月~令和3年9月、分譲住宅等は令和2年12月~令和3年11月)と入居期限(令和3年1月~令和4年12月)を満たす方は、減税期間が通常の10年から3年延長の13年になります。

購入・入居時期期間控除終了年控除率
(年末ローン残高)
年間最大控除額
2009年10年間2018年1%50万円
2010年10年間2019年50万円
2011年10年間2020年40万円
2012年10年間2021年30万円
2013年10年間2022年20万円
2014年10年間2023年40万円
2015年10年間2024年
2016年10年間2025年
2017年10年間2026年
2018年10年間2027年
2019年
1月〜9月
10年間2028年
2019年
10〜12月
13年間2031年最初の10年間は1%
11年目からは建物価格の2%の3分の1と、毎年末の住宅ローン残高1%を比較し低い額を控除
2020年13年間2032年最初の10年間は1%
11年目からは建物価格の2%の3分の1と、毎年末の住宅ローン残高1%を比較し低い額を控除

住宅ローン減税は、年末の住宅ローン残高の1%が10年間、所得税から控除されるというものです。

住宅ローンを利用して住宅取得をした人の金利負担を軽減させるために作られた制度で、いくつかの要件を満たしていれば、10年間で最大400〜500万円の税金が控除されます。(長期優良住宅は最大500万円)

例えば、2018年に住宅の取得をした人であれば、2018年〜2027年までの10年間税金控除を受けられます。

減税を受けるための詳しい要件は以下の関連記事をご確認ください

関連記事
国税庁HP
住宅ローン減税の概要

住宅ローン減税(住宅ローン控除と同意)は、年末時点での住宅ローン借入残高の1%を上限に、最大10年間毎年の所得税が控除または還付されるというものです。 控除額は一般住宅で年間40万円、10年間で最大4 ...

続きを見る

住宅ローン減税(控除)の申請期限はいつまで?

会社員の場合、1年目は自分で確定申告を行います。

申請期限は、住宅を取得した翌年の2月16日〜3月15日までです。

2年目以降は会社の年末調整で行います。

自営業の方は毎年行う確定申告時に申請を行います。

減税制度はいつからある?今後無くなる可能性は?

日本は古くから(1970年代)住宅取得者に対しての税金控除制度を導入し、現在までに控除額の増減はありながらも減税の仕組み自体は続いています。

2019年10月1日から消費税が10%に引き上げになりましたが、これに伴い日本政府は2018年末の税制会議で住宅取得者に対しての支援策(買い控え対策)として、住宅ローン減税を現在の10年間から3年間引き延ばす決定をしました。

近い将来に減税制度自体が無くなる可能性は極めて低いと考えられますが、税制改正は頻繁にありますので、今後住宅取得を考えている人は注意深く見守るようにしましょう。

\借り換えにおすすめ/

blank

おすすめ記事

1

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

2

2020年はコロナ禍により、経済が大きな影響を受けました。 働き方が大きく変わったり、収入が変化したりした人も少なくないでしょう。 2020年、住宅ローンはどのような変化があったのか振り返るとともに、 ...

3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保 ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 8

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

-税金の知識
-

© 2021 住宅ローンの教科書