金利のはなし

全期間固定金利型とは

投稿日:2017年11月19日 更新日:

全期間固定型は、借りたときの金利がローン完済までずっと続きます。

全期間固定金利の中でも大きく2種類のタイプがあり、最初から最後まで金利が一律のものと、当初10年間と11年目以降などで金利が異なる段階金利のものがあります。

段階金利のタイプの場合は、途中で金利が変更されますが、変更後の金利は借入当初からあらかじめ決定されています。

ポイント

低金利期に借入を行えば、長期間に渡って低金利の恩恵を受ける事ができる

借入時に総返済額が確定

金利は経済状況によって常に変化していますが、一旦、全期間固定型で契約してしまえば世の中の金利が上がったとしても、下がったとしてもローンの金利はずっと変わりません。

つまり、金利が安いときに全期間固定型で借りると、金利が上がっても影響を受けることがないので、安心して返済し続けることができます。

また、毎月の返済額が変わらないので、ローン残高の計算もしやすくライフプランが立てやすいというメリットがあります。

総返済額も借入時に確定するので、繰り上げ返済の計画や、教育資金、老後資金の準備など資金計画も立てやすいです。

借入時の金利がローン完済まで続く

段階固定金利とは

前述の段階金利とは、所定の期間経過後(多くの場合は10年)に、金利が引き上げられる金利タイプの事をいいます。

金利は途中で変わりますが、当初の契約時にあらかじめ決められているため、分類としては全期間固定金利型に分類されます。

固定期間選択型とよく似ていますが、契約時に引き上げ後の金利が決まっている事が大きな違いです。

考え方としては、「最初の10年間だけは本来の支払い額から割引されてる」というイメージを持つと良いかもしれません。

全期間固定金利型の代表、フラット35

家の模型と手

全期間固定型の代表が、住宅金融支援機構の商品であるフラット35です。

現在、全期間固定型といえばフラット35というくらい主流になっております。

フラット35を契約したい場合の窓口は、住宅金融支援機構ではなく銀行になります。

取り扱う銀行によって金利や手数料が若干異なりますが、国民の住まい向上を目的として運営されている国の機関なので、ローンの審査は比較的緩めで保証料や保証人が必要ないのが特徴です。

金利変動を考えるのが面倒で借入時に総返済額が確定する安心感を手に入れたい人には、全期間固定型がおすすめです。

■最長35年間現在の金利で固定
借り入れした時に返済までの全期間の金利と返済額が確定するのが最大のメリットです。
取扱銀行は住宅金融支援機構のフラット35のページで検索が可能です。

■物件価格の全額を借入可能
融資限度額は物件価格の全額になります。つまり頭金なしで住宅を買うことができます。
ただし、融資率が物件価格の9割以下より9割超のほうが金手が高く設定されています。

■ローン保証料が無料、連帯保証人も必要なし
通常、住宅ローンを借りるときには連帯保証人を立てる代わりに、数十万円のローン保証料がかかることが多いですがが、フラット35は、連帯保証人も立てる必要がなく、保証料も無料です。

■審査は比較的緩め
銀行のような厳しい審査ではないため、自営業者や派遣社員など収入が不安定な人や、シングルの女性でも比較的借り入れがしやすいです。
民間住宅ローンの審査がシビアなのとは対照的です。

■やや厳しい物件検査が必要
フラット35は品質の良い住宅を増やすことが目的なので、物件が住宅金融支援機構の定める技術水準に適適合していないと融資を受ける事ができません。
検査機関に審査を依頼し、適合証明書を受け取り、銀行に提出する流れになっています。

フラット35のバリエーション

フラット35
住宅金融支援機構の最長35年の全期間固定型ローン。住宅ローンのスタンダードとして一番最初に検討する価値あり。

フラット35S
省エネルギー性、長期優良住宅の認定を受けた住宅で、その住宅性能によって当初10年間金利を引き下げる(Aプラン)と、当初期5間金利を引き下げる(Bプラン)があります。

フラット50
長期優良住宅の認定を受けた住宅で利用可能、最長50年の長期固定型ローン。
対象は44歳未満だが、親子リレー返済にする場合は満44歳以上でも申し込むことが可能です。

おすすめ記事
フラット35
フラット35

フラット35は、公的ローンと民間ローンの中間的な要素を持つ全期間の長期固定金利型ローンです。 住宅金融支援機構と民間金融機関の提携ローンで、民間金融機関が貸し出したローン債権を住宅金融支援機構が買い取 ...

続きを見る

まとめ:全期間固定金利型の特徴

※元利均等返済の場合

最初から最後まで金利が変わらない一律タイプ

  • 金利は融資実行時か、申し込み時に決定したものが完済まで続き、変わらない
  • 返済額が変わらない

途中で金利が変わる段階固定金利タイプ

  • 通常、当初10年間よりも11年目以降の金利が高く設定されている
  • 11年目以降の金利は融資実行時または、申し込み時に決定されている事が多い

おすすめ記事

家族と家のイラスト 1

(構成・文=横山 晴美/ファイナンシャルプランナー) 住宅ローンの金利状況やトレンドは絶えず動いています。 2018年の住宅ローン金に大きな変化はありませんでしたが、小幅の上下はありました。 2019 ...

金利タイプ別おすすめ住宅ローン5選 2

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事のまとめ(おすすめの住宅ローン)だけを見たい人はこちらからどうぞ 住宅ローンを語るうえでの前提として、万人共通でおすすめできるという住宅ロー ...

住宅ローン取扱高ランキング 3

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事で分かる事 取扱高の一番高い銀行はどこ? 人気の金利タイプは何? 固定期間選択型の人気の固定年数は? 銀行各社が決算時期に発表している公開情 ...

4

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

審査結果が早い住宅ローンを徹底比較 5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 住宅ローン審査期間 比較一覧表 物件への入居希望時期まで時間がなく、住宅ローンの審査を急いでいるという人や ...

【団信を徹底比較】無料で保障が一番厚い銀行はどこ? 6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 団体信用生命保険(団信)は、多くの銀行で住宅ローンを借りる場合に加入が必須となっています。 (フラット35の団信加入は任意で、保険料は金利に含まれて ...

7

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるかは、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設けて ...

年収400万円はいくら借りれる?借入可能額と安全な借入額の求め方 8

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

契約成立の握手 9

自営業者が住宅購入を考え、いざ住宅ローンを借りようと思った時、どこの銀行が貸してくれるか?どんな条件の人が審査に通るのか?といった疑問があると思います。 最近では働き方の多様化に伴い、自営業やフリーラ ...

10

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンの申し込みは初めてという方が殆どだと思いますが、ネット申し込みの入力項目にはどのような項目があって、どれくらい入力をしなければいけないのか ...

-金利のはなし

Copyright© 住宅ローンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.